マスクで老化?!2022.6.19

オルカよりお知らせ

コロナウイルスが突然流行り出し

マスク生活が始まりあっという間に

もうすぐ2年が経とうとしています!

マスクによる肌荒れのお悩み、ご相談は増える一方です。



マスクの摩擦によって、肌トラブルを経験している方は多くいらっしゃいます。

中でも一番多いのはほうれい線。。。!

いわゆるマスク老化により肌のたるみが進行してしまっているのです。



なぜマスクで肌のたるみが進行してしまうのでしょうか。。。



●表情筋の運動不足

マスクをしていると、表情を出さずに会話をすることが多くなります。

マスクをしていないときに比べて

表情筋の運動量は、半分以下と言われています。



●日本人特有のもの

欧米の言語は60%~80%の表情筋を使うのに対し

日本語は口を動かす量が少なく、表情筋の約30%しか使えていないんだそうです。

そのため欧米人と比べて

表情筋の衰えが早いと言われています。



●マスクのひもによる首のコリ

両耳にかけているマスクのひもにより、

こめかみの筋肉や顎の筋肉に負担がかかり、

最終的には頭蓋骨につながっている

首の大きな筋肉にも強い負担がかかるようになります。

これらの筋肉はすべて顔のたるみに大きく関わる筋肉で、

その筋肉に負担がかかることにより

肌のゆるみが生じると言われています。



鍼の効果としても老廃物を流す作用もあり、

繰り返すことでむくみにくいお顔にもなります!



いつマスクを外しても大丈夫なお肌作りのために、

ぜひ当院のメニューをお試しくださいね☆



鍼灸マッサージサロンORCA(オルカ)たまプラーザ駅前店

045-479-2350

神奈川県横浜市青葉区美しが丘5丁目2−14 たまセンタービル201号

WEB RESERVATION